三重県保護司会連合会鈴鹿市保護司会

立ち直りを助ける社会のチカラ"社会貢献活動"

社会貢献活動とは、保護観察中の人たちが地域社会に貢献する活動を通して、立ち直ることを目的としています。社会に役に立つ体験を通じて、人の役に立てるという感情や社会のルールを守る意識を育みます。
当市では、鈴鹿市武道館・AGF鈴鹿市体育館や鈴鹿市社会福祉センター内の清掃作業など、地域社会のニーズに応じて継続的(年6回)に活動を行なっています。
保護観察中の人たちは、社会の役に立つ体験や、『ありがとう』と言われる経験などを通じて、『自己有用感』や『規範意識』を得ることができます。
社会のチカラが、その立ち直りに大きな役割を果たすことになります。

suzuka_katsudo03_a_2022.jpg

suzuka_katsudo03_b_2022.jpg
AGF鈴鹿体育館清掃作業

一覧に戻る