三重県保護司会連合会三重保護司会

トップページ > 三重県保護司会連合会 > 三重保護司会

三重郡は四日市市を囲むような格好で形成されており、昭和25年当時は20町村でありました。昭和29年7月には昭和の市町村合併が実施され、三重郡の大半が四日市市に合併され、平成17年2月に楠町が四日市市と合併したことにより、現在の3町で『三重保護司会』として保護司活動にあたっています。 平成31年3月に菰野町商工会館1階に「三重更生保護サポートセンター」を開所し14名の企画調整保護司が活動しています。

三重保護司会は、現在会員20名で活動をしています。
活動は、各保護司が職務である更生保護(保護観察・環境調整等)に誠心誠意取り組む中、毎年7月の「社会を明るくする運動」強化月間には三重郡更生保護女性の会と連携し、啓発のぼり旗を各地に掲出し広報するほか、街頭や保育園での啓発チラシ配布活動を行います。また、教育委員会の協力により児童生徒のポスター・作文コンクールを開催するとともに、ミニ集会の開催や各種団体との連携により犯罪や非行を防止する活動を行っています。
その他、薬物乱用防止指導の中で、不正けし撲滅活動では各地区自治会、警察署、保健所、町役場等と連携をとって積極的に活動をしています。

三重保護司会の2020年4月~2021年3月 行事予定

 

時期 行事名 詳細内容
4月 保護司会役員会  
5月  保護司会総会  
5月~2月

 

保護司会 研修会 定例研修と情報交換会(年4回)
10月 北勢ブロック研修 自主研修と情報交換会
  施設研修 刑務所、厚生施設等の施設研修の実施
  社会を明るくする運動街頭啓発 三重郡内の文化祭等の会場にて啓発物品を配布し、啓発活動を実施